So-net無料ブログ作成
検索選択

<原口総務相>「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)

 原口一博総務相は25日午前の閣議後会見で、行政刷新会議が21日の事業仕分けで宝くじ関連法人への天下りや高額報酬を指摘し、改善されるまで宝くじの発行停止を求めたことについて、「しっかりと改善し、宝くじをやめるなんてことにならないよう全力を挙げて改革に取り組む」と述べた。

 原口氏は、天下り廃止や事業の効率化に取り組む考えを表明。「国民は大変楽しみにしている。地方にとっても大変な財源。指摘されたところを精査して、早急に(改革する)」と述べた。【笈田直樹】

【関連ニュース
<関連記事>事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
<関連記事>宝くじ:収益が天下り法人に 年360億円超
<関連記事>ドリームジャンボ:発売始まる 銀座では300人が列
<関連記事>ドリームジャンボ:発売 名古屋駅前には100人が列
<特集>見逃してませんか? 宝くじ当選番号

<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日(毎日新聞)
<普天間移設>現行案の見直し、米に理解求める…下地氏訪米(毎日新聞)
副都心線・東新宿駅で保安装置故障 5300人に影響(産経新聞)
<気象庁>市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)
ワクチン接種の障害、「高額な費用負担」が7割近く(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。