So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)

 小説「ノンちゃん雲に乗る」や「クマのプーさん」の翻訳などで知られる児童文学作家、石井桃子さんが平成20年4月に101歳の生涯を閉じて間もなく2年。世田谷文学館(世田谷区南烏山)は2月6日から4月11日まで、没後初の回顧展「石井さんの本はみんなの宝もの 石井桃子展」を開く。創作、翻訳、編集者、文庫活動−と、幅広く活躍した生涯を300点以上の資料で紹介する。

 石井桃子さんは埼玉県出身。子供時代から読書好きで、大学卒業後、文芸春秋社などで編集者として英米児童文学を紹介。自ら翻訳、昭和15年に岩波書店から出版した「クマのプーさん」は戦前の子供を夢中にさせ、人気を定着させた。

 戦後は「ノンちゃん雲に乗る」などの児童文学を創作。「ピーターラビットのおはなし」「ちいさなうさこちゃん」などの絵本を翻訳する一方、昭和33年に子供図書館の先駆となる「かつら文庫」を創設。40年発刊の「子どもの図書館」は全国に広がる文庫活動のきっかけになった。晩年まで創作意欲は衰えなかった。

 回顧展は推敲(すいこう)の跡がうかがえる書き込みが入った原書、執筆に使っていた筆記具や辞書などの愛用品、写真、書斎で保管していた自身の著作などの書籍が紹介される。

 同館学芸員、小池智子さんは「石井桃子の名前を知らなかった人も、作品は必ず触れたことがあるはず。『これが全部、石井先生の本か』という驚きがあふれた展覧会になると思う。先生の業績に触れ、作品を読み直すきっかけにしてほしい」と話している。

 観覧料一般700円。原則月曜休館。【問】TEL03・5374・9111。

沖縄・読谷村の死亡事故、ひき逃げで米兵起訴(読売新聞)
群馬・嬬恋「ハグ」イベント 参加申し込みゼロで中止(産経新聞)
86例目の脳死移植実施(時事通信)
<寛仁さま>退院 宮内庁発表(毎日新聞)
3歳児低酸素脳症は医師の責任 津地裁が賠償命令(産経新聞)

全焼の車そばに1遺体(産経新聞)

 27日午前2時25分ごろ、大阪市大正区泉尾の空き地で、「車が燃えている」と通行人から119番があった。軽乗用車1台が全焼し、駆けつけた大正署員らが近くの地面に性別不明の焼死体を見つけた。

 大正署の調べでは、遺体はうつぶせで倒れており、目立った外傷はなかった。助手席のドアが少し開いており、遺体からガソリンのようなにおいがしたという。同署は自殺を図った可能性が高いとみて、死因を調べるとともに身元の確認を急いでいる。

【関連記事】
民家火災、独居80歳男性?死亡 兵庫・明石
大阪市で火災相次ぐ 女性3人軽傷
リサイクル店でテレビなど数千台燃える 福岡県行橋市
横浜市瀬谷区の民家全焼2人遺体みつかる 母と娘か
アニメ好き「将来は声優に」「控えめな子」 千葉・焼死の姉妹

ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付−警視庁(時事通信)
特急がトラック衝突、二十数人けが=北海道深川市の踏切(時事通信)
<陸山会土地購入>3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査(毎日新聞)
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も−千葉県警警部補(時事通信)
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)

空自の次期輸送機試作機、岐阜基地で初飛行(読売新聞)

 防衛省が導入を進める航空自衛隊・次期輸送機(XC2)の試作機が26日、岐阜県各務原(かかみがはら)市の航空自衛隊岐阜基地で初飛行を行った。

 XC2は、現行のC1輸送機の後継機として、姉妹機の海上自衛隊・P1ジェット哨戒機とともに、同基地に隣接する川崎重工業岐阜工場で開発された。全長43・9メートル、全幅44・4メートルで、搭載量、航続距離はC1を上回る。

 XC2は午前10時20分頃、岐阜基地を離陸、約1時間飛行して基地に戻った。今後、数回の飛行訓練を行う予定。

<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
「演出は初めから決まっていた」 大家族の母がフジテレビ批判(J-CASTニュース)
小沢幹事長宅に実弾郵送か=秘書が発見、届け出−警視庁(時事通信)
<犯罪被害者の会>新補償制度創設要求を決議(毎日新聞)
交通事故 京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)

学テ「自主参加希望」47%…市区町村調査(読売新聞)

 民主党が全員参加から抽出方式への移行を決めた全国学力テストについて、全国の47%にあたる約840の市区町村教委が、抽出対象外となった学校の「自主参加」を希望していることが、読売新聞の調査でわかった。

 「抽出校以外不参加」としたのは9%。検討中の教委も多いため、参加希望はさらに増えるとみられる。

 全国学力テストは、小学6年と中学3年の全員を対象に2007年以降、昨年まで3回実施。川端文部科学相は「県ごとの水準が把握できれば十分」として32%の抽出に切り替えたが、現場では児童生徒や学校ごとにきめ細かく学力を把握する必要性を感じている実態が浮き彫りになった。

 調査は、参加希望を取りまとめている都道府県教委を中心に市区町村教委にも聞いた。その結果、東京23区を加えた市区町村1783教委のうち、約840の教委が、抽出に漏れた学校の参加や問題文入手を希望。そのほとんどは全校での参加や問題入手を望んでいた。

 石川、山口、高知、佐賀、大分の5県は、県内の全市町村が参加を希望。県教委が全校参加を呼びかけた茨城のほか、秋田、香川、宮崎、沖縄の4県も9割以上が参加する方針だ。

 参加希望の理由としては、「第1回テストの時の小6が今回は中3になっており、子供の変化をつかむ良い機会」(愛知県新城市など)といった追跡調査の意義を重視する意見が多く、「全国との比較の中で授業の改善につなげられる」(宮崎県日南市)など、全国テストの必要性を訴える声も目立った。「ほとんどの学校が問題を使いたがっている」(大阪府泉南市)、「全員平等に受けさせたい」(京都府舞鶴市)など抽出化に疑問を投げかける声もあった。

 文科省は、自主参加の場合、テスト用紙は配布するが採点や分析費用などは自治体の負担としている。不参加の市町村の多くは自己負担分の予算の不足を理由にあげており、「財政当局と相談中」(大阪府忠岡町)という教委もあった。鳥取県は費用を県で負担する方針を表明している。

 テストは4月20日実施予定。文科省が抽出校を通知し、自主参加の意向を聞いたのは昨年末で、最終的な参加状況がまとまるのは早くても今月末とみられる。

フジTV「銀座めざマルシェ」内覧会 全国の物産品2万点販売へ(産経新聞)
民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
押尾学容疑者 保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)

<J1川崎>川崎市へ5千万円寄付…ナビスコ杯表彰式問題(毎日新聞)

 サッカーJ1・川崎フロンターレは22日、昨年11月のナビスコ杯準優勝の賞金5000万円を地元の川崎市へ寄付すると発表した。同杯決勝後の表彰式でガムをかむなど選手の態度が問題になり、Jリーグの鬼武健二チェアマンが賞金を社会貢献やサッカーの普及活動などに使うよう求めていた。市シティセールス・広報室の担当者は「Jリーグの趣旨に沿うよう役立てたい」と話している。

 J1川崎などによると、賞金のうち現金約2600万円を地域社会貢献・地域振興事業として寄付するほか、市内の幼稚園と小中高校の全306カ所にサッカーボール計2605個、市立小114校に選手らが設問に登場する6年生用の算数ドリルなどを贈る。27日に武田信平社長が阿部孝夫市長に目録を手渡す。現金について市はJ1川崎の本拠地・等々力陸上競技場改修に向けた基金への積み立てなどを検討している。【笈田直樹】

【関連ニュース】
J1川崎:稲本が入団会見「日本でのプレー楽しみ」
サッカー日本代表:稲本を追加招集
サッカー:稲本が川崎に移籍 9年ぶりのJリーグ復帰
J1川崎:新キャッチフレーズは「+α」…新体制を発表
サッカー:J1 国内復帰の稲本「プレー楽しみ」 川崎移籍で会見

<小沢幹事長>4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
土佐電 通行手形手渡す「安全」今も活躍(産経新聞)
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)
犯人が捨てる?路上に被害者購入品…札幌の殺人(読売新聞)
窃盗 ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)

雑記帳 マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)

 山口県下関市の水族館、海響館のマンボウが先月、同館としての飼育日数記録1047日を超えた。鴨川シーワールド(千葉県)の国内最長2993日の記録更新を目指す。

 雌雄不明だが、愛きょうたっぷりの顔つきで人気抜群。搬入された07年、約80センチだった体長は約1.5メートル、体重100キロに。デリケートな魚だけに飼育は細心の注意を払う。

 マンボウは「万宝」とも書くめでたい魚。昨年は「予算削減」など不景気な言葉が並んだが、3億もの卵を産むマンボウにあやかって今年こそは実りの多い年に。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
雑記帳:今年も登場 サンタのダイバー
マンボウ:早くも今季1号−−佐伯 /大分
頑張る!新長州人:/2 海響館の獣医師・進藤英朗さん /山口
2009歳末点描:主役は「水中のトラ」 干支にちなんだ生物展示−−海響館 /山口
海響館:顔“誰”に軍配? 1日館長指名選挙を展開、清き1票呼びかけ /山口

精巧な偽中国100元、国内で発見 記番号以外は「本物」(産経新聞)
車ナンバー「刻印」でバレた!ひき逃げ銀行員逮捕(読売新聞)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
<小沢幹事長>「捜査に協力し国民理解得たい」(毎日新聞)
過去問、機器とも再利用=センター試験(時事通信)

鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)

 国会冒頭から、鳩山由紀夫首相(62)がヤジまみれになった。菅直人財務相(63)の財政演説に対する各党の代表質問が19日午後、衆院本会議で行われ、各党からは鳩山首相と民主党の小沢一郎幹事長(67)の政治資金問題をめぐる質問が連発。鳩山首相には「ドラ息子!」「恥を知れ!」のヤジが飛んだ。月内の2009年度第2次補正予算案成立を目指す政府、与党に対し、野党は「政治とカネ」問題の集中審議と小沢氏の参考人招致を要求。案の定、大荒れだ。

 「ドラ息子!」。鳩山首相が、自民党の大島理森幹事長(63)の質問に対する答弁に立つと、容赦ないヤジが浴びせられた。母の安子さんから“巨額すぎる子ども手当”をもらっていたことが問題視された鳩山首相は、平静を装って答弁を続行。しかし、議場は与野党の失笑や怒号が飛び交った。

 大島氏からは散々な言われようだ。「お母様からの絶大なる、友愛に満ちた脱税ともいわれる生前贈与の問題があります」と、皮肉たっぷりに挑発され「毎月、こんなに多額のお金をお母様から頂いて、総理は感謝の気持ちも伝えていないのですか」と問いただされた。

 与党からも「自民党はどうなんだ!」などのヤジの嵐。首相は「資金の提供を知らないので、母に感謝することもできませんでした」と釈明。「(事件は)検察の捜査で全容解明され、すでに決着した」「(検察から)違法な支出があったという指摘はなかった」…。公明党、共産党の議員からも同じ質問をされたが、ロボットのように同じ答えを繰り返すだけだった。

 小沢氏の問題でも、釈明に追われた。首相が小沢氏に「(検察と)どうぞ戦ってください」と語った発言には「一国の総理の発言とは信じられない」(大島氏)、「法治国家として尋常ではない」(公明党・斉藤鉄夫氏)。民主党が総選挙の旗印にした「コンクリートから人へ」をもじって「コンクリートから小沢へ!」とのヤジが飛び、自民党の武部勤元幹事長(68)も「恥を知れ! 恥を知れ!」と野太い声を響かせた。

 首相は小沢氏について「潔白を主張しているのだから、信じるのが同志としての基本だ」と語って、与党からの拍手を浴びたが、当の小沢氏は議場の最後列で目を閉じたままむっつり。本会議が終わる30分以上前に、いつの間にか姿を消した。

 本会議に先立つ民主党の代議士会では「今日はNHKの中継が入っているから気をつけて」と“品格”を求める呼びかけがあったが、首相や質問者の声はかき消された。野党は「政治とカネ」をめぐる問題での集中審議と、小沢氏の参考人招致を要求。論戦の先行きは不透明だ。

 【関連記事】
鳩山首相が釈明 「検察批判でない」…小沢氏に「戦ってください」と発言
小沢氏が鳩山首相と会談、進退など協議か
石川議員逮捕で鳩山首相ピンチ!
鳩山首相 参院選は小沢幹事長で

<センバツ>行進曲はSuperflyのバラード(毎日新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
羽田管制トラブル、出発空港に6便引き返す 成田と管制一元化の直後(産経新聞)
車輪の格納扉開く、ボンバル機が伊丹に引き返し(読売新聞)
逮捕は当然=共産の市田氏(時事通信)

翻訳家、作家の柴野拓美氏死去(時事通信)

 柴野 拓美(しばの・たくみ=翻訳家、作家)16日午後8時6分、肺炎のため神奈川県大磯町の病院で死去、83歳。金沢市出身。葬儀は親族のみで行う。喪主は妻幸子(さちこ)さん。
 小隅黎(こずみ・れい)のペンネームで「リングワールド」などのSF小説の翻訳を行ったほか、小説も執筆。57年に創刊した同人誌「宇宙塵」の代表を務め、SF作家の育成にも貢献した。 

【関連ニュース】
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」
海老沢泰久さん死去=スポーツ小説で活躍、直木賞作家

大阪・羽曳野で男が猟銃発砲 3人死傷、男は自殺(産経新聞)
【Web】ネットに自由を!「海賊党」拡大(産経新聞)
鳩山首相「コメントする立場にない」 小沢氏側への家宅捜索で(産経新聞)
【ハイチ大地震】「死は至るところにある」米メディア、続々現地に(産経新聞)
<携帯ストラップ>回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。